車買取の相場

車の買取相場は、車種や状態によって様々です。同じ車種でも事故車は、査定額が低めになります。買取業者によっても買取の査定額が変わってくるので、業者選びも重要です。

事故車の査定で気をつけるポイント

模型と硬貨

複数の業者から見積をとる

前述の通り、買取査定金額は業者によって違いがあります。なるべく高く買い取ってもらうためには、ひとつの業者だけではなく、複数の業者から見積りをとって、より高く査定してくれた業者に買い取ってもらうようにしましょう。業者によっては、事故車は買取対象外の場合もあるので、その点も見積もりをとるときにしっかり確認しましょう。

買取手続きは早めに行なう

車が事故車になってしまった場合、買取手続きは早めに行なったほうがお得です。買取手続きが行われないと、その車は使用されていると見なされます。そのため、そのまま年度がかわると、自動車税の納税義務が発生してしまいます。もし、事故車でもう自分で使用することがないようであれば、早急に買取手続きをおこないましょう。

小さな傷は自分で修復しておく

ボディの傷や凹み、ステッカーが貼ってあった跡などは、査定においてマイナス要素となります。小さな傷など自分で修理できる範囲のものについては、市販の研磨剤で、できる限り修復してから査定に出すようにしましょう。業者でなければ対応できないものについては、例え業者に修理してもらっても査定額がアップするとは限らないので、そのまま査定に出しましょう。

廃車として売却した場合は、還付金の申請を忘れずにする

車検が残っている状態で、廃車手続きをすると還付金がもらえます。還付金は、もらえる条件を満たしていても、申請をおこなわなければ、もらうことができません。もし、業者に廃車として買取をしてもらった場合は、忘れずに還付金の申請をしましょう。申請の方法がわからない場合は、買取をおこなってくれた業者に聞いてみましょう。

事故車買取依頼時に知っておきたいこと【査定前に準備する必要書類】

作業員

廃車や事故車の買取手続きで必要な書類

廃車や事故車の買取手続きには、車検証、譲渡証明書、申請依頼書など必要な書類が複数あるため、事前に用意しましょう。場合によっては、住民票、戸籍謄本などが必要となることもあります。また、廃車として買取をしてもらう場合は、廃車手続きを業者にしてもらうために委任状も必要です。どのような書類が必要かわからない場合は、買取業者に確認しましょう。

車買取と下取りの違いについて

お金が必要な場合は買取をしてもらおう

買取の場合、買取査定額はその車の持つ相場価格がダイレクトに反映され、お金が手元に残ります。下取りの場合、買取で得たお金は下取りで購入する車の購入金に充てられます。お金が必要な場合は買取を選びましょう。

買取のほうが交渉はしやすい

買取の場合は、査定額に対して交渉できる業者が多いです。一方、下取りの場合は、金額に関して交渉に応じてくれない業者が多いようです。なるべく高く査定してもらいたい場合は、買取のほうがよいでしょう。

広告募集中